【注意】太陽光発電停止!

2020/03/27

こんにちは。
事務所の駐車場の桜が3割ほど咲きました!

満開時には枝が見えないくらい咲きこぼれるので
お近くを通る際は是非見ていってください!

今日は太陽光発電の相談で、
鹿嶋市の方から問い合わせがあり、
お伺いしてまいりました。

「設置してからどれくらいですか?」
『10年くらいかな』とお答えいただきましたが
お調べしてみると2013年に売電がスタートしていたので
7年経過したところとお伝えすると
『まだそんなものか~』
設置容量は3.5kW、今月分の売電金額を見ると4000円弱でしたので
太陽光発電の電気をお家でたくさん使っているのかなとも思いましたが
(発電-自家消費=売電なので、自家消費が多いほど売電が減る図式)
詳しく聞いてみると二人暮らして日中あまりエアコンは使わないとのこと
そこでパワーコンディショナーを点検させていただくことに。









(。´・ω・)?
「あ”!止まってる」(E0:停電のエラーコードが表示されていました)
「最近停電ってしましたか?」
『台風の時以来はない』とのこと
少なくとも今月の途中まで売電は計測できているということは
ブレーカーかなと思い分電盤の太陽光専用ブレーカーに目を移すと




















ONのマークが出ており、さらに謎が深くなりました。










ん?見えているところが少ない?と思い
下からではなく真横から見てみると














さがってる。途中まで下がっている。
このままではブレーカーは上がらないので
いったん下げてあげると
パワコンのカウントダウンが始まり一安心。

原因は定かではありませんが、
自然に誤作動したか、意図せずテストボタンを押してしまった可能性があります。

ごくたまに発生することがありますが
今回は発見が早かったため1カ月未満で済みましたが
ご主人は最近気にかけていなかったようなので
数カ月発電しないままの可能性もあります。


さいごに
太陽光発電は基本よく働いてくれますが
たまに太陽光発電の様子をみてあげてください。
でもそれもめんどくさい場合には
早期発見のため売電金額が減った時には
しっかり動いているかどうかをチェックしてください。
過去には半年間止まっていることに気付かなかったケースもあります。

別件にはなりますが
東京電力会社の電源側の電圧の乱高下で停止するケースもございますので
たまーにご注意頂ければ幸いでございます。