PV普及について〈個人の意見〉

2020/03/31


こんにちは。
ワカマキの永井と申します。
個人的な感想をちと書いてみようと思います。

正直な話、今回のウィルス流行は恐ろしいですね。
比較的若いとはいえ、喘息を持病で持っている私はかかっても生き残れるのか。
また他の方に移して重症化したら責任を感じますよね。
そのため対策はしているつもりですが、どこまで有効活用なのか不安です。
兎にも角にも今はリスク回避ですね。
乗り切りましょう。

参照元:経済産業省
https://www.enecho.meti.go.jp/about/whitepaper/2019pdf/
太陽光発電を含む再生可能エネルギーの普及は2017年時点で7.6%
その後も増えているとはいえ、いまだ10%に満たないと思われます。


昨日たまたまネプリーグという番組で
日本の火力発電の割合は何%でしょうか?
という質問にレギュラーの方が50%と答えていて(うろ覚えですが...)
勝手に共通認識であると考えていたのでびっくりしました。
経済産業省のデータによると2017年時点で約87%ですね
ただし私の認識も間違っていて日本だけが高いと思っていたのですが違いました。

軒並み高いようです。
ただしアメリカはシェールガス、中国は石炭が潤沢にとれるので割合多い理由がわかりますが、
ほぼ輸入の日本は火力依存はすなわち海外依存がとても強いことがうかがえます。
一時は原子力大国フランスのようなバランスを目指していた時期もありました。
日本政府もできることなら、国産エネルギーを増やしたいと考えていると思います。
個人の感想ですが、できれば関心を持ってほしいです。

聞いた話ですが中国では石油が取れないので、海外依存したくない考えから電気自動車に普及をさせ
国産エネルギーの石炭火力で国内の流通を回せるといった算段。
中国の電気自動車は充電せずに、バッテリーを交換する方式を採用しているので
デメリットの充電時間が長い、航続距離が短いところ解消したそう。
日本のアイデアに期待です!


施策