平成31年度予算 災害時に活用可能な家庭用蓄電システム導入事業費補助金について

2019/05/19


今年度から新しい枠組みで蓄電池の補助金が支給されることになりました。

詳しい情報は下記からご確認下さい。
SII
補助金詳細(外部リンク)

これから起こるであろう災害に対して
ソーラーとバッテリーを活用して電気の復旧を迅速に行いたい考えだと思われます。
また、電力需要のバランサーの役割として
日中の余剰電力の充電や電気が不足しそうな場合は放電のモードに切替の協力が必要となります。

再生可能エネルギーの普及をしたい日本では
太陽光発電の出力制御等の問題も出てきていますが
蓄電池がバランスをとることが期待されいます。

蓄電池は高くて設置できない、意味がないと思いのかたも
一度は是非この機会に検討してみてはいかがでしょうか?